2011年01月20日

公民館マチネ開催趣旨

函館は、文化芸術の盛んな街です。近年、文化芸術振興がさらに進みましたが、函館市芸術ホールの利用率が90%に達するなど、市民の文化の交流や発信をする拠点が足りず、振興が頭打ちになろうとしています。中長期的には、新ホール建設も望まれますが、早急に、文化拠点を確保する必要があります。

函館市公民館では、かつては音楽会や講演会などが開かれ、文化拠点として使用されていましたが、老朽化等の問題があり、現在は生涯学習施設としての利用にとどまっています。現状、利用率が30%台と少ないので、文化 拠点としての機能を付加して有効利用することが可能です。

そのためには、必要な改装(リノベーション)を施し、生涯学習施設としても文化拠点としても利用しやすくして欲しいというのが函館市公民館活性化ネットワーク(イキ!ネット)の願いです。これにより歴史的建造物という地域の個性を生かした文化芸術の創造、函館在住演奏家・市民が主役の文化芸術の振興、西部地区・ひいては函館全体の文化芸術を活かしたまちづくりが実現すると考えております。

公民館マチネ(マチネとはお昼の気楽な演奏会の意)は、イキ!ネットが今、最も力を入れている事業です。上質の音楽を楽しみながら、函館市公民館のことを多くの市民や演奏者に関心を持っていただきたいと思っています。また、函館市公民館を利用する際に問題となる点をユーザーとして解決するための実験の場でもあります。
posted by 松石 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 公民館マチネ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。