2006年03月05日

駐車場がない

 公民館でコンサートをやるときに,まず最初に問題になるのが,「駐車場がない」事です。公式には,「駐車場はありません」と書かれています。実際には3〜5台ほどが公民館前に駐められますが,それで精一杯。公民館脇の細い道に車を駐めるお客様がいると,地域住民とのトラブルにもなります。

 現実問題として,公民館の建物を壊したりしない限り,敷地内に駐車場を作る事はできません。勿論,近くの住宅やテニスコートの土地を転用するという方法も,理論上可能ですが,現実には不可能でしょう。

 一方,市営函館山山麓駐車場まで200メートルです。この駐車場は,実際には観光バスで一杯になってしまう事があるものの,市営ですし,ロープウェイ専用ではありません。ちなみに,市民会館から市民体育館前駐車場までは100メートル。函館駅からパークアンドトレインの駐車場までは200メートル,といったところ。

 駐車場については,ご要望も多いですし,こだわりを持った方もいらっしゃいます。具体的にどのようにしたら駐車場を確保できるのか,という点も含めて,御議論ください。いままで駐車場ついて書かれてたコメントは以下の通りです。

あっこさんのブログへのカキコの繰り返しになりますが、外観はそのままにして、座席数を減らしてゆったりシート(傾斜つき)に改造して欲しいです。シートで差別化できれば駐車場は要りません。
Posted by でんか at 2006年03月03日 23:50


でんかさん,早速の書込ありがとうございます。

(中略)

駐車場ですが,勿論,あるに越したことはないですが,かなり無理がありますね。護国寺坂の歩道にある植え込みを撤去すれば,結構置けるようにもなりますが,景観が損なわれます。ロープウェイ付近の駐車場を併用するという手はどうでしょう。
Posted by 松石 at 2006年03月04日 00:02



伊藤亜希子さんの所から飛んでまいりました。
素人が疑問に思ったことを書かせていただくので、その点ご了承下さい。

せっかくの建物、利用できる状況に変身するなら、とても素晴らしいことと思います。

ですが駐車場・・・
やっぱりこだわっています。

芸術ホールなどに行くのには、バスあるものの本数が少ないため、バス利用は頭にありません。
仕事が終わって慌てて車に乗って付近の駐車場を利用してギリギリ間に合う・・・という状態です。
帰りの時間はほぼバスが無い状態です。
そうなると、例え行きは何とか公共機関を利用できても、帰りはタクシーで・・・となると、金銭的に難しいです。

あと、ここからは漠然とした疑問なのですが、健常者なら それこそ車に乗らなくてもバスに乗って、電車に乗って、テクテク公民館までの坂を歩くということは出来ます。
ですが、車椅子の方があの坂を上ることは難しいのではないでしょうか?
ましてや、冬になると余計大変なことなのではないでしょうか?
付き添いの方がいらしたとしても、あの坂を押して歩くことは大変だと思います。

まあ、「素晴らしいコンサートのためならタクシー代くらい出しても惜しくないはず!」「チョッとした坂の上り下りくらい、
素晴らしいコンサートのためなら頑張りなさい!」と言われてしまえば終わりですが(^^;

車椅子の友人がいますが、
『行きたくても行けない場所がたくさんある』と言ったのを思い出しました。
Posted by みなみ at 2006年03月04日 10:10


みなみさん,コメントありがとうございます。

駐車場とバリアフリーについて,確かに実現すると素晴らしいと思います。ただ,場所と構造から,駐車場とバリアフリーにこだわりすぎると,予算が無くて手が付けられないとか,全部壊して作り直すとか,という話しにならないかと心配しています。

幸い,芸術ホールは駐車場もあり,バリアフリーです。しかし,芸術ホールの全ての催し物が駐車場が必要だったり,バリアフリーでなければならない訳ではありません。

公民館が整備されれば,芸術ホールがもう少し取りやすくなるでしょう。そうした場合,どうしてもバリアフリーで無ければならないコンサートは芸術ホールで,そうでないコンサートは公民館で,という振り分けも可能になるかもしれません。

あるいは,公民館のバリアフリーが無理だった場合,バリアフリーが必要なコンサートは優先的に芸術ホールがとれるような施策を要望しても良いかもしれません。

全ての人がどこにでも行けるようなユニバーサルデザインな街が理想ですが,古い建物は現実的にバリアフリーではありません。出来るところからユニバーサルにしていくということは勿論ですが,それによって,古い建物を活かすということを否定されることにならないように,良い妥協点を見いだせればいいなと思っています。
Posted by 松石 at 2006年03月04日 10:29


>ですが駐車場・・・
やっぱりこだわっています。

 お気持ちはよく解りますが、現実問題として近くに相当台数の駐車場を確保をするのは困難です。そこで対策として、例えば、土日祝日利用の場合は市役所の有料駐車場〜公民館で無料バスを走らせるとか、今後、知恵を出しあえば良いのです。いずれにしても坂道に違法駐車車両が並ぶことは避けなければいけません。
Posted by でんか at 2006年03月04日 10:47


はじめまして。
伊藤亜希子さんのブログにて、この運動について知りました。微力ながら応援したいと思っております。
ところで1つ気になったのですが、この件についてのコメントの中に
「駐車場はいらない」というご意見がありますが、これは、
「公民館の一部を壊してまで駐車場を設けるべきではない」
という意味なんですよね?始めに読んだ時、私は、やや乱暴な印象を受けてしまって…。
私は函館には年に3回ほど実家に帰省するだけの者で、公民館の存在も知らなかったし、改修その他各方面の諸問題の詳細も存じません。
ですが、函館においては自家用車移動は必然、駐車場確保は重要!と思っています。実際ウチの家族は、歩いて10分の距離も当然車で移動します。「車があるのになんで市電市バス?」という人間です。
案外こんな考えの市民は多いんじゃないかと思います。
ですので、ロープウェイの駐車場の併用は良いと思います。でも、もっと他にどこか借りられる場所があれば良いと思うのです。タイミングにより、ロープウェイの駐車場だけでは無理な場合もあるかも知れないし。
市役所からの送迎バスというのも良いと思うのですが、利用する側はきっと面倒くさがって結局…なカンジがしませんか?
まずはホール改修のメドが先決ですが、駐車場確保の問題も、決して無視してはならない事だと思います。
Posted by ねころく at 2006年03月04日 21:42


「あっこ」こと伊藤亜希子です。
やっとゆっくり見に来れました。

駐車場の有無は、私は自分のブログのコメントにも書きましたが、コンサートを主催したり、チケットを売る時に、しばしばお客様から言われることでもあるので、会場として選ぶ場合には重要なことです。
健康な人は、少し離れたところでも安心して駐車できるのならば、まずはOKですが、せめて、身障者用駐車スペースだけでも確保するのが、今のこの時代、当たり前のことなのでは。
理想論かもしれないけれど、コンサートは、聴きたい!と思っているすべての人に開かれたものであってほしいです。
可能なら、玄関前に簡単なスロープをつけるだけでもかなり楽になると思いますし、客席内の通路に車椅子が通れる広さがあれば・・。
音楽を愛する人が、音楽を聞いて、優しい気持ちになれるホールであってほしいと思います。
だから、しい気持ちを持って、いろんな立場の方のご意見を、できる限り広くお聞きしながら、なるべく簡単に否定すること無く、今回の問題に取り組んで行きたいです。
長くなっちゃってすみません。
語り足りないので、あとは自分のブログに書くことにします(^0^;
Posted by あっこ at 2006年03月04日 23:15
この記事へのコメント
伊藤亜希子さんのブログに関連記事が載りました。
<A href="http://ameblo.jp/pianist-akiko/entry-10009757722.html">http://ameblo.jp/pianist-akiko/entry-10009757722.html</A>
Posted by 松石隆 at 2006年03月05日 10:07
駐車場問題、取り上げられて良かったと思います。
しかしながら自分でコメントを書いておいて、具体的に使えそうな駐車場の提案も出来ず申し訳ありません…。
使えそうな場所としては、このトップ記事にほぼ網羅されていると思います。
それで、これらの場所を利用してもらえるように、各公演の主催者側でポスターに案内を載せるなどして宣伝してはどうでしょうか(トラブル発生時の言い訳にしかならなさそう??)。
あとバリアフリーとしては、公民館内部を知らない私が提案するのも僭越なのですが、
障害のある方も利用できる最小限のリフォームは施工し(トイレはホールの階に作る&入り口からホール迄をスロープ化など)、フォローとして公演開催時のスタッフを通常より多少増員する事で対応はできないものでしょうか。

以上、函館に住んでもおらず諸事情を知らない者が勝手に色々と書いてしまい、ご不快な部分をお詫び致します。
しかし、まずはホール改修の決定が優先ですね。
よりよきホールの誕生をお祈りしております。
Posted by ねころく at 2006年03月07日 22:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。