2011年06月12日

7/31 公民館マチネ第17回 〜和の調べ 宮崎加奈古さんを迎えて〜

matinee17.jpg公民館マチネシリーズでは初めて、邦楽を特集します。
函館を代表、いや全国区の箏奏者 宮崎加奈古先生をお迎えして、お箏の調べをお楽しみ頂きます。
演奏曲目は、現代邦楽など、なかなか聞くことが出来ない素敵な曲ばかり。きっと、お箏のイメージがかわるかも。
最後に演奏する、夏色のアダージョでは、松石代表もフルートで共演します。ハープのような音色とのアンサンブルが魅力です。
是非、足をお運び下さい。

公民館マチネ 第17回 〜和の調べ 宮崎加奈古さんを迎えて〜
日時:2011年7月31日(日) 午後2時開演
場所:函館市公民館
入場料:1000円(自由席 学生・小人同額)
演目:
  箏独奏による主題と六つの変奏「さくら」(藤井凡大作曲)
  緑によせる三つの詩(江戸信吾作曲)
  子守唄三題(衛藤公雄作曲 )
  夏色のアダージョ(池上眞吾作曲)
出演:箏/宮崎加奈古(雅是歌) フルート/松石隆
   箏/内藤雅実歌 十七弦/平野雅智歌

チケットのご予約はこちらから
松柏堂プレイガイド各店・ヤマハアベニュー五稜郭・ホテル函館山・函館市地域交流まちづくりセンター cafe Drip Drop・八木楽器店でもお求めいただけます。

宮崎加奈古プロフィール写真.jpg箏 宮崎 加奈古 (雅是歌)プロフィール

6歳より宮崎美音和(母)に、その後唯是震一氏に師事。正派音楽院、同研究科修了。NHK邦楽技能者育成会21期卒業。正派邦楽会総裁賞、函館市文化団体協議会青麒章、北方文化教育振興財団芸術奨励賞受賞、函館音楽協会協会賞受賞、函館市文化・スポーツ振興財団益田喜頓賞を受賞。伝統的な筝曲・地歌・現代邦楽の他、あらゆるジャンルの音楽のアレンジ演奏、洋楽奏者との共演など、筝奏者として活動中。唯是音楽スタジオ所属。北海道教育大学函館校非常勤講師。筝曲美音和会主宰。正派邦楽会大師範。
posted by 松石 at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 公民館マチネ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。