2012年07月14日

【共催】7/14 フルート・ヴィオラ・ハープの トリオコンサート 〜ドビュッシー 武満徹 イベール バックス トゥルニエ〜

ドビュッシー生誕150周年記念にちなみ、札幌交響楽団ヴィオラの遠藤幸男先生とハープの鈴木貴奈さんをお迎えして、コンサートを開催します。

2012-07-14トリオコンサート.jpg

日時: 2012年7月14日(土) 13:30開場 14:00開演
会場: 函館市公民館 (函館市青柳町12-17 0138-22-3320)
入場料: 一般2000円、学生1000円、当日500円増し
出演:フルート 松石隆、ヴィオラ 遠藤幸男、ハープ 鈴木貴奈
主催:トリオコンサート実行委員会
共催:函館市公民館活性化ネットワーク
後援:函館市、函館市教育委員会、財団法人函館市文化・スポーツ振興財団、函館音楽協会、函館市民オペラの会

プログラム
 ラヴェル/亡き王女のためのパヴァーヌ(fl,va,hp)
 バックス /悲歌(fl,va,hp)
 武満徹/そして、それが風であることを知った(fl,va,hp)
 トゥルニエ/妖精(hp)
 イベール/アリア(va, hp)
 イベール/間奏曲(fl, hp)
 ドビュッシー/フルート・ヴィオラ・ハープのためのソナタ(fl,va,hp)
出演者プロフィール

フルート 松石 隆
 東京出身。第5回日本木管コンクール入賞・特別賞、函館音楽協会奨励賞、函館市文化団体協議会青麒章などを受賞。フルートを一戸敦氏・中山耕一氏に師事。クレアシオン、公民館マチネ、函館市芸術ホール管弦楽団、函館市民オペラなどで、活発な演奏活動を行う。函館市公民館活性化ネットワーク(イキ!ネット)代表、クレアシオン副代表。東京大学大学院修了。北海道大学大学院水産科学研究院准教授(水産資源学・鯨類学)・博士(農学)。

ヴィオラ 遠藤幸男
秋田県出身。1974年 渡英、パーセルスクール、ILEA音楽コースを経て、1981年 英国王立音楽大学卒業。1982年 新星日本交響楽団に入団、1990年 札幌交響楽団に入団。オーケストラ活動の傍ら室内楽、ソロ演奏、地域でのコンサートの開催、後進の指導やヴィオラの普及活動に積極的にかかわる。2007年より函館市芸術ホール管弦楽団を指揮。2012年 函館市民オペラ第20回記念公演「ファルスタッフ」を指揮。

ハープ鈴木 貴奈(すずき たかな) プロフィール
札幌生まれ。幼少よりピアノとヴァイオリンを習う。8歳よりハープを始める。藤女子中学校、東京音楽大学付属高校を経て2004年東京音楽大学卒業。大学在学中、小澤征爾オペラプロジェクトに参加。サポートミュージシャンとしてハープを担当し、NHK、TBS、TV東京等に出演。フリーのハーピストとして活動し、後進の指導も行っている。
posted by 松石 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 後援・共催事業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。