2007年01月07日

公民館と有料コンサート

苫小牧市文化交流センター函館市公民館は公民館法に基づいて運営されなければなりません。そのために、「第23条 公民館は、次の行為を行つてはならない。1.もつばら営利を目的として事業を行い、特定の営利事業に公民館の名称を利用させその他営利事業を援助すること。」
という制約があります。
写真は、苫小牧市文化交流センター。
同センターホームページより


もし、公民館が立派に音楽ホールとして再生すれば、当然、それに見合うアーティストがコンサートをする事でしょう。しかし、そのギャラを払うことについて、それが「営利目的」と見なされるならば、問題が生じます。また、CDを販売したりすることも出来ないような気がします。

そのあたり、どのように解決したらいいのか考えているうちに、苫小牧市公民館で演奏会をやっているという情報を得ました。

調べてみたら、(旧)苫小牧市公民館は、「苫小牧市文化交流センター(アイビープラザ)」という名前になっており、そこでコンサートを行っているとのこと。事業内容も生涯学習と芸術・文化活動の推進ということで、公民館機能を保ちつつ、文化活動も行おうという物のようです。気になる料金ですが、多目的ホール(360席)を2000円の入場料のコンサートに丸一日借りる場合で26000円と、充分リーズナブルな値段になっています。

条例や規則も見ましたが、生涯学習活動に使いやすい形になっていますが、公民館法に縛られない形になっています。ちなみに、苫小牧にはもう一つ、苫小牧市勇払公民館というのがあり、こちらは公民館法に縛られています。

函館も、函館市公民館と亀田公民館の2つがありますので、亀田公民館を公民館として残しつつ、函館市公民館を文化交流センターのような形で公民館法に縛られない形での運用ができるようにしても良いように思います。

函館市公民館の活用方向の一つとして、参考になりました。

なお、公民館マチネは入場料収入と経費がほぼ等しく、営利目的ではありません。演奏者もノーギャラでの出演ですので、公民館法に抵触しません。

posted by 松石 at 18:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 公民館改造計画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/31004470
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。