2007年03月21日

地域交流まちづくりセンター

DSCN4303.jpg4月に十字街旧丸井さんでオープンする「地域交流まちづくりセンター」を、これからのイキ!ネットの活動拠点として、またリノベーション事例として、見学しに行ってきました。

センター長の丸藤競(まるふじ・きそお)さんにご案内頂きました。

○施設名 : 函館市地域交流まちづくりセンター
○所在地 : 函館市末広町4番19号
○構 造 : 鉄筋コンクリート造一部鉄骨造 3階建(塔屋部分のみ5階)
○敷地面積:2,089.23u
○延床面積:2,801.93u

インフォメーション建物は、旧丸井デパート跡で、大正12年に建築され,昭和45年から市の末広町分庁舎として使用してきた建物です。昭和初期の大火で、1階内部が全焼し、建物の傷みもあったようですが、奇麗に修復され、またバリアフリーやLANなどの配備もされて、使いやすくなっています。

フロア説明機能としては
1階 総合インフォメーションコーナー,観光・まちづくり情報検索コーナー,休憩コーナー(喫茶コーナー含む。)ほか
2階 研修室,フリースペースほか
3階 ミーティングスペース,受付・相談コーナー,会議室ほか
ということです。

研修室研修室、会議室は、24名程度の広さで、研修室は絵画教室などにも使用できるようにビニール床、会議室はタイルカーペットです。

インフォメーション、休憩コーナー、フリースペースも広々としています。

あえて難を言えば、設計・建築段階で音空間への配慮は全くなされていません。音が響きすぎて、落ち着かない音空間になっています。これから物が増えてくるとある程度落ち着くかもしれません。広い壁面にタペストリーなんかがあると、音空間調整には効果的かもしれません。誰か寄贈してあげてください(笑)

フリースペース一番イキ!ネットが使うであろう印刷コーナーにはまだ機材が入っていないようでしたが、印刷機2台(紙持ち込み、無料)、コピー機(コイン式)、それからカラーレーザープリンタ(愛称 こなっき〜)も導入予定とのことです(使用有料)。

ロッカー室は、大小のロッカーを貸し出すそうです。鍵は各団体が用意するようにとのことですので、たとえば番号錠を用意して、団体内に知らせておけば鍵の受け渡しの手間も省けて便利です。

イキ!ネットでは、公民館マチネのビラをロッカーの中に入れておき、ビラはさみをする人が必要枚数を自分で持って行けるような仕組みにできればと思っています。作業スペースも豊富にあるようなので、発送作業なんかも集まってできそうです。無線LANが使えるとうれしいな。

otagira気に入ったのが、喫茶コーナー Cafe オタジィラ。ブーランジュ梓の娘さんが運営されるとのこと。オタジィラ は「ありがとう」の意味を込めた「おまじない」だそうです。

ドリンクは珈琲(美鈴製)、紅茶、ココア、ミルク、ゆず茶、ジュースなど、食べ物はブーランジュのパンやサンドイッチ、おからブラウニー、おからクラッカー等を用意し、「スタバより安い」値段で提供したいとのこと。試食ということで珈琲とアップルパイ・パンをいただきました。珈琲も紙コップではなく、ちゃんとカップで出す予定。スペースも広々としており、窓が広くて電車も見え、まちづくりセンターに用事がなくても行ってしまいそうです。

Cafe オタジィラ [英文標記 ota(g)ira ]
住所/末広町4-19 地域交流まちづくりセンター1階
電話/090-2871-5515
営業時間/01:30-18:00

4月1日の開館に向けて、急ピッチで工事や準備が進んでいました。お忙しい中、丸藤さん、ご案内ありがとうございました。
posted by 松石 at 04:51| Comment(0) | TrackBack(0) | こんな例も | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。