2008年01月13日

スロバキア国立オペラ2008 ヴェルディ《椿姫》

080112.pngイキ!ネットが後援した「スロバキア国立オペラ2008 ヴェルディ《椿姫》」が2008年1月12日に函館市公民館で開催され、盛会の内に幕を閉じました。主催は日本スロバキアオペラ交流委員会、函館スロバキアオペラ交流の会が共催です。

当日は200名を越えるお客様が、降雪の悪天候の中、ご来場になりました。

イキ!ネットでは、アンケートを実施しました。P1000910.JPGスロバキアには3つの国立オペラがあり、その一つ。人口9万の都市バンスカ・ヴィストリツアの客席数348の劇場であるユゼフ・グレゴル・タヨフスキ劇場(1929建造)で活動しています。

今回来函したのは、スロバキア国立オペラ ディレクターのホルマダ氏、ソリスト5人、ピアニスト、日本文学の研究をしているスロバキア人のルマーネク氏の総勢8名。函館のあと、札幌、横浜市内6箇所で公演予定。

前半は、ルマーネク氏の日本語ナレーションに従って、ピアノ伴奏で、《椿姫》を有名なアリアを中心に抜粋形式で。後半は、オペレッタやミュージカルの名歌集。アンコールに《なだそうそう》と《いとしのエリー》を日本語で聞かせました。

アンケートでは、駐車場・トイレに対して多くの意見が寄せられましたが、彼らが活動しているのとほぼ同じ古さ・大きさの函館市公民館(346席 1933年建造)で、客席とステージの距離も近く、演奏者・観客ともに満足していたようです。

公民館でこのような本格的なコンサートが開かれる事は、活性化に大変良いことで、今後とも様々な演奏会が開かれる事を期待したいと思います。
posted by 松石 at 18:36| Comment(1) | TrackBack(0) | 後援・共催事業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 ミクシご訪問ありがとうございます。私は2年間だけ公民館勤務の経験がある者です。上得意松石様にはお世話になりました。
 公民館の設備についてはついケチなことを書いてしまいましたが、あれだけ大きなイベントに使ってもらえるのは正直なところとてもうれしいです。ミクシには書きませんでしたが、出演者の美声に圧倒され大満足でした。
 来月は、松石様のフルートに圧倒されに行こうと思います。 
Posted by 芋里ナスコ at 2008年01月14日 18:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。